仔牛とさんぽ・バターつくり体験&ミニ授業

新潟・岩室にある岩室温泉観光施設・いわむろやにて、子牛とのさんぽとバターつくりの体験を、大学生と一緒に楽しくしてみませんか??

子牛とのさんぽだけでなく、「給食の牛乳はどんな道すじを通って学校まで運ばれてくるの?」をテーマに、乳しぼりで撮った牛乳が商品になるまでの流れを、ミニ授業として経営学部の大学生が、楽しく、わかりやすくお教えします!

 また、家族の思い出づくりのお手伝いとして、学生が体験の様子のお写真を撮らせていただきます!

 是非、他にはない「大学生との酪農体験」を一緒に体験してみませんか??


↓詳細、申し込みフォームはこちら!!↓

主催:・新潟市岩室観光施設いわむろや

   ・明治大学・昭和女子大学 岩室温泉/活性化プロジェクトチーム

協力:・温泉地域づくり協議会

   ・ 後藤牧場

日時:3月23(土), 24(日)(24日は定員に達したため、現在受け入れておりません)

   14:00~16:00の約2時間

   対象年齢 小学生以上のお子様 必ずご一緒に、20歳以上の保護者様1名以上のご参加をお願いいたします。(*注)

申込期限:3月16日まで(受け入れに人数まで達したところで申し込みを終了いたします)

場所:いわむろや(〒953-0104 新潟市西浦区岩室温泉96-1)

参加費:保護者様もお子様も、年齢に限らず おひとり様 1,000円 

持ち物:500㎖ペットボトルの空き容器

服働:仔牛と触れ合える服装

定員:35名程度(ご家族8世帯程度)

当日のスケジュール(予定)

 14:00~14:10 説明

 14:10~14:40 子牛のさんぽ

 14:40~15:20 バターつくり

 15:20~15:50 ミニ授業

 15:50~16:00 おわりに

お問い合わせ:学生担当:昭和女子大学 ビジネスデザイン学科 野本朱里

       [ meijiandshowa@gmail.com ]

申し込みフォーム 

 *注:

 当体験プランでは、あらかじめ対象年齢を小学生以上のお子様に設定しております。

 仔牛の散歩を行う際、仔牛の身体に触れた手などで目をこすってしまったり、口に指を入れてしまったりしますと菌が体内に入ってしまう恐れがあります。また、バターつくりやミニ授業の間他の参加者様へのご迷惑が懸念されることなどから、年齢制限を設けさせていただきましたことを、ご理解いただけたら幸いです。

 主催側としましては、アルコール消毒液を常時携帯している他、参加者様の手指消毒に注意を払う対応の用意があり、また万が一のことが起きてしまった場合のために、JA共済の損害保険に加入をしております。しかし万全を期すため、保護者の方々にも、ご自分のお子様たちの監督をお願いしております。その為、お子様だけでのご参加はご遠慮いただいておりますが、その点はご了承くださいませ。

 また、上記にもありましたJA共済の損害保険を適用させられるため、お客様の「氏名・性別・住所・生年月日」をご記入いただく必要がございます。こちらでいただいた個人情報に関しましては、「昭和女子大学・明治大学 岩室温泉活性化プロジェクト」が管理をし、

当プロジェクト活動からの今後のお知らせを許可していただいた方へのみ使用をさせていただきます。


【追記】

 未就学児のお子様の参加について、多数のお問い合わせをいただいております。

未就学児のお子様の参加をご希望の方には、上記の保護者様によるお子様の監督を、より注意深く行っていただく必要があります。

 また、お子様の危険を回避するためだけでなく、授業やバターつくりの際に、他のお子様へ迷惑をかけてしまう心配があるために年齢制限を設けている為、保護者様の監督の下、参加を許可する場合がございます。未就学児のお子様の参加をご希望される方は、申し込みフォームの備考か、メール[meijiandshowa@gmail.com]にご連絡をよろしくお願いいたします。

 


ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ふるさと学校 岩室温泉街で大学生と農業体験

新潟市・岩室温泉街で、昭和女子大学・明治大学の経営学部の学生が、【ふるさと学校~親子でつくる第二の故郷族を】をテーマに酪農・稲作などの体験プランを提供!お子様に農業の楽しさだけでなく、経営学部の学生の視点から、牛乳はどうやって家や学校へ来るのか?お米の値段が新潟と他の場所で違うのは何故か?などの知識をお子様にわかりやすくお教えします!学生と楽しく、農業体験や仕組みの体験・お勉強をしてみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000